婚活中の男が参考に出来るプロのナンパ師のテクニック

 

数年前、プロのヒモに会ったことがあります。彼からは色々と面白い話が聞けたのですが、そのなかで婚活中の男にも肝に銘じておくべき内容もありました。

 

その前に補足するとヒモというのは女に貢がせて、それで生活している男です。プロというのは変な表現かもしれませんが、実情を聞くとプロと表現するのがピッタリの男です。なにせ、生活費どころの話ではなく、バリバリの金持ちを掴まえて贅沢三昧です。その男が貢がせた最高額のモノは2000万円以上のベンツ。現金で買わせたそうです。

 

これぐらいのことが出来る男ですから、当然女に不足することはありません。常に複数の女性を囲っていました。モテるなんて経験と無縁の私からすれば、羨ましいという気持ちすら起きない、別世界の人でした(;^_^

 

婚活中の男がプロのナンパ師から学ぶべき一つのこと

その人は女と知り合うキッカケとしてナンパもしていたので、どうすればうまくいくのかということを聞いたことがあります。どんな答えが返ってくるのかなと思いながら質問したのですが、答えは『そんなこと?』と、かなり意外なことでした。

 

それは『数多く声をかける』ということでした。

 

その人いわく、一流のナンパ師でも、100人に声をかけて成功するのは1~2人といったところだそうです。逆に言えば、100人に声をかければ間違っても1~2人は乗ってきてくれるので、いかに数をこなすかというのが勝負ということでした。

 

それで面白い話を聞いたのですが、ヒモとかナンパ師の世界でも上下関係があって、先輩は新人の面倒を見るという習慣があるそうです。それで、その人も何人も後輩を指導していたのですが、こういった世界に入ってくる人でも、次から次へと女性に声をかけるのは躊躇してしまうらしく、そこを乗り越えるのが最初のハードルということでした。

 

女に不自由していないような人でも、実は一般人と変わらず、ただ行動している量が違うだけという結論です。

 

婚活に成功したかったら、行動量を増やすこと

これは婚活や恋活でも同じことが言えます。そう簡単に女性と付き合えるわけがないのですが、うまくいかない人は1回や2回、合コンやパーティーに参加しただけで、どうにかなると思っています。

 

自分自身の好みもあれば、相手の好みもあるわけです。お互いに一致してとなると確率的には極めて希なことです。しかも合コンやパーティーというのは、初対面同士ですから、それが一度会っただけでうまくいくというのは、なかなか無いことです。

 

会社の同僚だったり、共通の友人がいて、何度か顔を合わせているうちに、少しずつ親密になっていってというのが、普通の恋のパターンです。

 

初対面で次の展開に持っていくというのは、元々ハードルの高い手段です。それをやろうとしているのですから、それなりに行動しなければ、うまくいくわけがありません。

 

そこで重要なのが行動を続けることです。何度失敗しても気にせず、うまくいくまで続けるぐらいの姿勢でいかなければダメです。そのためには、月1回は合コンに行くというふうに予め決めてしまうことです。

 

そうやって行動を習慣化することが婚活成功への第一歩です。

 

 

 

恋人を作りたい人に絶対に見てもらいたい電子書籍

当サイトの管理人が婚活中に実際に参考にした電子書籍です。口べたで女性とどんなふうに話していいのか分からなかった私が、まがりなりにも口説いて恋人を作ることが出来ました。モテない人でも実践出来るテクニックなので、女性が苦手な人・奥手な人にもオススメです。

 

  • 今からモテにいくぞ!

    合コン 合コンで女の子と仲良くなり、メルアドの交換をしてデートまでこぎつけるためのコミュニケーション術をまとめた電子書籍です。強引に口説くといったものではなく、紳士的に接することで相手から気に入ってもらうというやりかたなので、奥手な人でも無理なく実行出来ます。初対面の女性と仲良くなるコツを学べるので、合コン以外の場所でも使えます。

  • Excellent Couple

    Excellent Couple

    お見合いパーティーで狙った女の子とカップルになるにはどうすればいいのかということに特化した内容です。内容は極めて実践的で、全てが手順化されているので分かりやすいです。お見合いパーティーでうまくいかない人にオススメです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ