自分がモテソウな場所を選択する

 

婚活というのは競争です。イイ女には多くの男が群がります。合コンでもパーティーでも複数の男性がいるのですから、あなたがいいなと思う女性には、必ず複数の男性からのアプローチがあるはずです。

 

その中から相手に自分を選んでもらわなければいけません。これが勝つということになります。では、そのためにはどうすればいいのか?恋愛で勝つための方法は色々ありますが、そもそもの出発点で勝負が決まるという要素があります。それはとても単純なことですが、何かわかるでしょうか?

 

それは『自分が勝てそうな場を選ぶ』ということです。

 

婚活のライバルに勝てる場所を選ぶ

たとえば、女性が男性を選ぶ基準の一つに収入という指針があります。金かよ?と思われるかもしれませんが、女性からしてみれば重要な指針です。収入が高いというのは仕事が出来るということです。

 

仕事が出来ないイイ男というのは、ありえません。女性にもてるホストも、水商売という仕事で結果を出している男です。人気がないホストというのは、やっぱり仕事ができないものです。

 

話を元に戻しますが、収入というのは男性が自分をアピールする武器になるわけですが、正直収入というのは幾らでも上には上がいます。張り合っていたらキリがありません。そこで注意することは、相対評価で自分が高収入になるような場に参加するということです。

 

自分の収入が500万円、ほかの参加者男性の年収が平均300万円とすれば、あなたがトップです。女性からの評価は上がります。逆に自分以上の収入をもつ男性がいたら、あなたは目立たなくなります。

 

お見合いパーティーをみると、年収500万円以上、年収600万円以上という参加条件のパーティーがあります。今の時代、これぐらいの収入がある人はステータスがあると捉えて間違いありません。でも、だからといって、こういったパーティーに参加しようと安易に考えるのは要注意です。こういったパーティーに参加する男性は、みんな高収入だからです。

 

もし、あなたの収入が年収500万円だった場合、年収500万円以上が参加条件となっているパーティーでは最下層の部類に入るとことを意味します。そこが条件になっているのですから、自分より下の人間はいないわけです。

 

一方、自分より高収入の人が参加する確率は100%です。実際、こういったパーティーでは年収1000万、2000万円といった人が参加することも珍しくありません。これでは500万円という数字はかすみます。全然武器になりません。むしろ、自分の評価を下げることにつながります。

 

あなたが年収500万円プレイヤーだったら、オススメするのは年収のくくりがない場所に参加することです。そういった場であれば、自分は高収入の部類に入る可能性が高くなり、女性に対するPR力が違ってきます。

男として目立つことが出来なければ、婚活はうまくいかない

女性は集団のなかで、どの男性が力をもっているのかということを冷静に見極めます。そしてリーダーとして上に立つ男性に注目するようになります。(サークルで幹事やキャプテンがモテルのは、こういった理屈があるからです。)

 

女性を惹きつけるには、ライバルを押しのけて、自分がその集団のなかで上に立つことが重要です。そのためには自分自身を磨く、実力を付けるといったことも大切ですが、それ以上に自分が勝てる集団を選択することです。

 

鶏口となるも牛後となるなかれということわざがありますが、まさに婚活の場で意識すべきことです。必ずトップ集団に入る場所を選びましょう。

 

 

 

恋人を作りたい人に絶対に見てもらいたい電子書籍

当サイトの管理人が婚活中に実際に参考にした電子書籍です。口べたで女性とどんなふうに話していいのか分からなかった私が、まがりなりにも口説いて恋人を作ることが出来ました。モテない人でも実践出来るテクニックなので、女性が苦手な人・奥手な人にもオススメです。

 

  • 今からモテにいくぞ!

    合コン 合コンで女の子と仲良くなり、メルアドの交換をしてデートまでこぎつけるためのコミュニケーション術をまとめた電子書籍です。強引に口説くといったものではなく、紳士的に接することで相手から気に入ってもらうというやりかたなので、奥手な人でも無理なく実行出来ます。初対面の女性と仲良くなるコツを学べるので、合コン以外の場所でも使えます。

  • Excellent Couple

    Excellent Couple

    お見合いパーティーで狙った女の子とカップルになるにはどうすればいいのかということに特化した内容です。内容は極めて実践的で、全てが手順化されているので分かりやすいです。お見合いパーティーでうまくいかない人にオススメです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ